30代半ば以降の女性のセフレ攻略:セフレにするには?


徹底して“女”として接する

30代半ば以降の女性のセフレ攻略

この年齢の女性と接する時に最も必要なことは、
徹底的に一人の女として接するようにすることです。

この年齢の女性というのは、「一人の女としての自分」というものを強く意識する傾向にあります。

まだまだ一人の女として現役でありたい、
まだまだ女として見られたい、
自分はまだ一人の女としてイケてるのだろうか?
といった意識を強く持っています。

というのも、日常の生活で、
なかなか一人の女として接してもらう機会が
どうしても少ないからなんですね。

人妻であれば、日常の家事を行う一人の妻として、
子供がいるのなら子供の母としての役割を
一所懸命こなしています。

しかし結婚後というのは、
旦那さんも一人の女として奥さんを見ることも少なくなってきます。
周りも一人の“妻”として、
一人の“母”として見るため、
一人の“女”として見られることはほとんどありません。

また働いている女性も、
一人の女というよりも、
一人の“ビジネスマン”として見られることがほとんどです。

それでも若い頃は“女”として見られることは多かったのですが、
この年齢になるとやはり“女”として見られることは少ないのです。

日頃から妻として、母親として、ビジネスマンとして一所懸命生きている女性も、
やはり「一人の女」なわけです。
時には「一人の女性」に戻りたい、見られたいこともあるのです。

そんな彼女たちと接する時には、
徹底的に一人の女として接してあげることが重要なのです。
あなたと接している時は、一人の女に戻ってもらうのです。

別に何も、日常の事を話題に出してはいけないとか、
普段の役割のことを思い出させてはいけないというわけではありません。
それも彼女たちの大切な一部なのですから、
そこも受け止めてあげることも大切なことです。

しかしあくまでもあなたと接している女性は一人の女性です。
男性と恋がしたい、男性に美しいと思われたい、
男性とセックスがしたい一人の女です。

徹底して一人の女として接してあげることが重要なことなのです。

中途半端な期待を持たせない

この年齢になると、セックスを割り切って考えられるようになります。

もし恋愛に発展させるのではなく、
あくまでもセフレとして良好な関係を築きたいと思うのなら、
あらかじめ「あくまでもセフレとして良い関係でいよう」と
お互いに認識を明確にしておいた方がいいでしょう。

もちろん「付き合ったり結婚する気はない。あくまでもセフレとしてしか思ってないから」
と言っては角が立ちますし、相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。
その辺は相手を思いやった伝え方をする必要があります。

とはいえ、相手はもう立派なオトナの女性です。
ハッキリと明確に伝えなくても、
こちらの意図は結構読み取ってくれるものです。

一番いけないのは、中途半端に気を持たせたり、
その気がある素振りを見せることでしょう。
半端な期待をさせるのは、かえって罪なことなのです。

やはりこの年齢の独身者というのは、
多かれ少なかれ結婚というものを意識しているものです。
あなたにその気がないにも関わらず、
中途半端な期待をさせてしまうと、
お互いにとってプラスになりません。

この年齢の女性は、割り切ったセフレとしての関係も許容できる年齢です。

「お互いにセックスを楽しめる関係でいよう」
という認識さえ共有できれば、
良好なセフレ関係を築ける大人の女性なのです。

最初から期待をさせるような小細工をしないで、
「結婚とか付き合ったりはできないけど、お互いに楽しいセックスができる良い関係でいよう」
と伝えておけば、
きっと彼女たちはそういう関係も受け入れてくれるに違いないのです。

お互いに干渉せずルールを作っておく

30代半ば以降の女性のセフレ攻略

30代半ばの女性となれば、もう立派なオトナの女性です。

そういった女性というのは、
自分の生き方や自分のペースを確立しているものです。
そのペースを無視したり、極度に干渉したり、相手のペースを考えずに接していては良好な関係も築けません。

お互いの生活に干渉せずに、お互いのペースを守ってセフレとしての関係を付き合っていくのが良好な関係を築くのに大切なのです。

特に既婚者、人妻の場合は、
生活のペースがかなり縛られています。
例えば旦那さんのいる夜は連絡が取れなかったり、
土日は自由な時間が取れなかったりします。

そういったことを無視して、夜にメールを送ったり、
土日に会おうとしたりされては、
迷惑以上の何ものでもありません。
迷惑どころか危険極まりないのです。

人妻だって、自分の生活を壊してまで
セフレ関係を続けたいとは決して思わないものです。
そういう危険がある男性とは、
セフレどころか連絡すら取ろうとも思いません。

30代半ばを過ぎれば、それぞれに自分の生活があり、
自分のペースがあり、守りたいものがあります。
そして大人の女性は、そういったものを乱されるのが嫌なのです。

最近の30代以上の未婚女性を対象にしたアンケートで、
結婚しない理由の中に「自分のペースが乱されたくない」
「自分の生活に干渉されたくない」というものがありました。

大人の女性は、
自分の生活のパターン、自分のペースを持っています。
そしてそれを乱されるのを非常に嫌うのです。

あくまでもセフレとして良好な関係を築きたい、
続けていきたいと思うのなら、
決して相手の生活に干渉しないことです。
そのためには、前もってルールを決めておくのもいいかもしれません。

この年齢の女性が求めるセフレとは、
お互いに干渉せず、ペースを乱すことなく、
お互いにセックスを楽しめる大人な関係を望んでいるのです。

そのためには、相手の女性に合わせた接し方をしていくことも大事なのです。

30代半ば以降の女性のセフレ攻略コンテンツ

© 2020 セフレの作り方 Powered by AFFINGER5