20代中盤~30代前半のセフレ攻略:セフレにするには?


がっついた姿勢を見せない

20代中盤~30代前半までの女性のセフレ攻略

この年代の女性というのは、セックスの経験も豊富になってきた、
もはや大人の女性です。
そういう女性に対してあまりにもガツガツいくのはスマートなやり方ではありませんよね。

あまりがっついた姿勢を見せると子供だと思われてしまいますし、セックスに目を血走らせた男とはしたいとは思いません。

それにそういう男では、とても楽しめるようなセックスはできなさそうですよね。
自己満足に走った独りよがりなセックスで終わらされそうです。

この年代は、あくまでもセックスの質を大切にします。
ただするだけのセックスではなく、
あくまでも楽しいセックスがしたいのです。

がっついた姿を見せられると、そんな期待も吹き飛んでしまいます。
そういった子供のようなセックスは求めていないのです。

信頼できる男としたい

そして、もう一つ言えるのが、
信頼できる男としたがる、ということです。

この年齢になると、遊びでのセックスができるようになってきます。
またその場の流れでセックスをすることもでてきます。

そうしたときに、口の軽い男では困るわけです。
ペラペラと周りにしゃべられるのは、
当たり前ですが避けたいのです。

遊びでのセックスは、あくまでも当事者同士の秘密の遊びです。
それを他人にしゃべられたらたまったものではありません。

そういうことをしそうな男は、
セックスの相手としては論外なのです。

また、セックス以外の部分でも
ちゃんとして接してくれるかどうかも重要です。

やる時だけは調子よく、それ以外の部分でぞんざいに扱われては、
セックス自体も楽しいものではなくなってしまいます。

この年代の女性にとってのセフレとは、
ただセックスをする相手ではなく、
セックスを含めた人間関係が楽しめることが重要です。

人間としていい加減だったりすると、
セックス自体も楽しいものではなくなってくるのです。

この年代は、結構人間的な部分も見てくることが多いのです。

上手くセックスまでの流れを作る

20代中盤~30代前半までの女性のセフレ攻略

この年代の女性というのは、
意図しない相手とセックスしてしまうことも多いのです。

日頃エッチしたいと思ってもいなかった相手や、
セックスするとすら思ってもいない男友達などと、
ふとした流れでセックスをしてしまう、
なんてことも少なくありません。

若い頃は特別な行為であったセックスが、
この頃には普通の行為となっています。
そのため、普通のコミュニケーションの延長上でセックスしてしまうこともあるのです。

もちろん、普通に遊んでいたらそのままエッチしてしまった、
なんてことはありません。
セックスするためには、何かきっかけが必要です。

男性としては、普通の流れの中で上手くきっかけを作ることが重要ですね。
それさえできれば、流れでセックスになることも珍しくはないのです。

そのためには、口説くこと以外の部分のコミュニケーションも
しっかりしておいた方がいいでしょうね。
普段のコミュニケーションが上手くいっているからこそ、
流れでのセックスも可能になるわけですから。

フランクにセックスができる年代だからこそ、
それ以外での付き合いがものをいってくるのです。

20代中盤~30代前半までの女性のセフレ攻略コンテンツ

© 2020 セフレの作り方 Powered by AFFINGER5