女友達や元カノにも「お酒」は有効な手段です

セフレの作り方

前回お話しした「お酒」の話。

これは何も初対面、もしくは知りあって間もない女性にだけ

使えるというわけではないですよ。

飲みに誘って、酔った勢いでエッチするなんていうと、

出会い系などで知り合ったばかりの子や、
合コンなどの飲み会の話だと思う人もいるかもしれません。

でも、女友達や元カノ、会社の同僚などにも、
お酒を使ってエッチするやり方はかなり使えるんです。

女友達や元カノというと、

今までの付き合いの積み重ねがある分、
エッチな関係になりづらいと感じますよね。

また会社の同僚なんかも、

基本的にエッチとは無縁の相手のように思えます。

でも、そういう相手だからこそ、

お酒の力は生きてくると言えるのです。

女性がセックスする時って、

何らかの言い訳があると行動しやすくなるものです。

女性ってやっぱりセックスするのに言い訳が必要なんです。

特に旦那や彼氏、付き合っている相手ではない男性と

セックスする時には、言い訳を用意してあげると、
グッとハードルが下がります。

彼氏や旦那でもない男性とセックスするというのは、

あまり良いことではないという意識がどうしてもあります。

そういう相手とセックスする時には、

それなりの理由というのが必要なんですね。

「お酒」というのは、かなり言い訳として使えるんです。

「酔っていたから」

「お酒を飲んだから」

そんな言い訳ができると、

女性はセックスに一歩踏み出せるんです。

その言い訳というのは、

相手に対しての言い訳でもあり、
周囲に対しての言い訳でもあり、
自分に対しての言い訳でもあります。

「酔っていたから仕方なかったんだ」

と合理的な理由ができるんですね。

女性というのは、

やはり軽い女とは思われたくないと思うものです。

彼氏でも旦那でもない男性と寝る軽い女というのは、

人に思われるのも嫌だし、
自分でそう認めるのも嫌なものです。

しかし、そこに何らかの言い訳ができると、

仕方なかったと納得させることができるんですね。

女友達や元カノ、同僚の場合、

本来ならセックスする理由のない関係です。

そういう関係でセックスするには、

やはり言い訳が必要なんですね。

ですから、女友達や元カノ、同僚などと一回セックスしたい

そう思っている人ほど「お酒」の力を使うといいでしょう。

そういう関係の女性とセックスするには、

何らかのきっかけが必要ですから、
きっかけ作りとしても「お酒」は使えますからね。

女友達や元カノ、同僚の場合は、

デートに誘ってもなかなか来てくれないかもしれませんが、
飲みに行く、食事に行くという理由なら
誘うのも難しくはありませんしね。

その時がきたら、

こちらでがっつりエッチに持ち込んじゃってください。

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック