女の子を酔わせてエッチするには、どんなお酒を飲ませればいいのか?

セフレの作り方

女の子とお酒を飲みにいって
そのまま勢いでエッチ。

とか、

女の子を酔わせてお持ち帰り。

とか、

男なら誰でも考えたことがあると思います。

というよりも、それが女の子と気軽にエッチするための
一番てっとり早くて確実で失敗の少ない方法です。

やっぱり人間、アルコールには弱い!
飲めばムラムラしてきますし、理性だって弱くなります。

それは女の子だって同じなんです。

ガードが固い子だって、
お酒が入るとほとんどの子が緩くなります。

狙った女の子とエッチするためには、
お酒ほど使える道具はなかなかないですね。

というお酒の重要さ、お酒の便利さは、
今までにも散々語り尽くしてきましたので、
知っている方も多いと思います。

ただ、お酒を使うといい!っていうのはわかっていても、
じゃあどんなお酒がいいの?ってのは気になるところですよね?

そこで興味深い記事があったのでご紹介。

ご用心!“体験人数3ケタ男”の黒い手口

この中で女の子を酔わせるためのお酒が
いくつか紹介されています。

日本酒×生レモン
マッコリ×ビール
しそ焼酎×コーラ
ワイン×サイダー

どれもオリジナルカクテルですかね。

共通しているのは、「飲みやすい、でも酔いやすい」ということ。

甘くて口当たりがいいけど、実はアルコール度数が高くて、
よっと飲んだだけでも酔いが回ってしまう。

これは女の子を酔わせるためには鉄板ですよね。

調子に乗って飲んでいるうちに、
いつの間にか酔いが回ってしまったなんて、
男にとっては理想的な展開です。

そういう展開を作ってくれるのが、
「飲みやすい、でも酔いやすい」お酒なわけです。

ただ、ここで紹介されているような、
べろべろに酔わせて強引にタクシーで自宅へお持ち帰り
というやり方はお勧めしません。

これ、普通に犯罪になりますから。

まあ訴える女の子は少ないかもしれませんが、
だからといって犯罪をしていいということにはなりませんからね。

あくまでもお酒というのは、
女の子をエッチな気分にさせて、
理性をを弱くさせて、
エッチしちゃってもいいかなという気持ちにさせて、
女の子の方からエッチを望む形を作るための起爆剤です。

泥酔させて無抵抗状態でやっちゃうための道具ではないわけです。

それに、そんな半ダッチワイフ状態の女の子とやっても
面白くないじゃないですか?

やっぱりエッチするならお互いが
燃え上がるようなエッチがしたいですからね。

で、そんな酒の的確な使い方をするには、
何度も紹介しているようにこちらが鉄板のノウハウなんです。

→サシ飲みセックスアリジゴク

お酒が使える道具だといっても、
お酒を飲ませただけでは「エッチしちゃおっか」みたいな
展開にはなかなかなりません。

ですから、そういう展開を作っていくには、
お酒+誘導のテクニックが必要なわけです。

まあ、お酒が効いている状態ですので、
誘導のテクニックはシラフの時の何倍も決まりやすくなります。

ですから、やり方さえ知っていれば、
そんなに難しいことではないのです。

ちなみに、どういうお酒を飲ませたらいいのかは、
サシ飲みセックスアリジゴクの中でもちゃんと解説されています。

こちらの方が、どこの店にでも置いてあるお酒を使うので、
オリジナルカクテルのような手間のかかることをしなくても大丈夫です。

正直、お酒を使うとホント簡単にヤレます。

男だったらこれは知っておいた方がいいですよ。

これからの季節、お酒を飲む機会がどんどん増えてきます。
飲み会、鍋、忘年会などなど、冬は何かとお酒を飲む機会が多いものです。

何しろ、外は寒いですからね。
中でお酒を飲もうってことになることが多いわけです。

そんな時、このノウハウはめちゃくちゃ活躍するはずです。

まだ知らない人は、これはチェックしておいた方がいいですよ。

→サシ飲みセックスアリジゴクの詳細はこちら

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /var/www/home/bizarl/public_html/sehure-jp.com/wp-content/themes/info_custom/single.php on line 26