伝説の性の楽園、セックスアイランド「新島」

セフレの作り方

かつて夏になると
全国から若い男女が集まってくる
伝説のナンパリゾート、ヤリ場がありました。

それは、「新島」です。

東京都にある新島の通称(俗称)は、
「ナンパ島」「性の楽園」「セックスアイランド」
などと言われていました。

日本のフリーセックスの聖地みたいなところですね。

集まってくる男はもちろん女とヤリたい男ばかり。
一方、集まってくる女も男とのセックスを
期待している女ばかり。

お互いヤリたい者同士が集まるのですから、
誰かとは必ずヤレるわけです。

男も女もお互いセックスを期待してきているので、
どちらも手ぶらで帰りたくないんですね。

後は、ヤル相手が誰になるか。
ただそれだけ。

余程怠けて何もしない限りは、
誰かとはセックスできるわけです。

これほどセックスしやすい環境って、
そうそうないと思います。

全盛期は20~30年前でしょうか。
その頃の話を聞くと、もうホントに凄まじいです。

一晩で一人二人は当たり前。
まさに島全体が乱交パーティーのような
状況だったみたいですね。

残念ながらその時代を経験していないのですが、
何とも羨ましい限りです。

ただ、現在は全盛期に比べると程遠く、
だいぶ寂れた状況みたいですね。

ナンパ島と言われた頃の面影はなく、
普通の観光島になっているという話も聞きます。

少なくともフリーセックスと呼べるほどの
状況ではないのでしょうね。

まあ今は海外旅行も身近になりましたしね。

私自身も数年前に行ったことがあるのですが、
さすがに20年前30年前のような
フリーセックスのような状況ではなかったですね。

とはいえ、ナンパ島のしての名残は若干あり、
あちらこちらでナンパする姿は見られました。

若い人、学生なんかは船で渡る人が多いのですが、
勝負は船の中から始まります。

その船に乗っている時点で行き先はわかっていますからね。
早め早めに予約をする感じです。

いくら寂れたとはいえやはりそこは夏のリゾート。
当時はまだまだナンパが日常風景として存在していました。

2013年の現在ではどうなっているのかは
わかりませんけどね。

ただやはり夏場のリゾートというのは特別なもの。

気分も違いますし、心も体も開放的になります。
少なくとも街中にいる時とは、全然違った
心理状態になるのは今も昔も変わりません。

これから迎える夏本番の季節。

夏のリゾートというのは、
この時期限定で表れる、男女の出会いの空間です。

寂れただの何だの言っても、
まだまだナンパとしては使える場所です。

昔のように新島一択の時代ではないものの、
まだまだ他にもリゾートと呼べる場所はたくさんあります。

せっかく一年でも特別な「夏」という季節です。

是非リゾートに足を運んでみてはいかがでしょうか?

その時は、ナンパでゲットするための仕込みは忘れずに!
無策で言って、その場であたふたして終えるのは
もったいないですからね。

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /var/www/home/bizarl/public_html/sehure-jp.com/wp-content/themes/info_custom/single.php on line 26