スキー場ナンパはやっぱり泊りがいいね

スキー場

スキー場ナンパは冬の醍醐味だと思います。

ナンパにしてはナンパらしからぬマッタリとした空気や、
スキー場やその周辺の宿や飲食店という
限られた範囲での女性との一期一会というのは、
何とも言えない楽しさがあります。

ゲレンデマジックなんて言葉もありますが、
それもそれでスキー場の醍醐味だと思います。

ゲレンデマジックというと騙されるという印象があると思いますが、
割りきってしまえばそれはそれで楽しいものです。

実際、ゲレンデというのは、
一割増し二割増しに女性が可愛く見えるものです。

ある意味、ファンタジーですね。

そのファンタジーの中に身を置いて楽しんでしまえば、
日常では得られない興奮があったりします。

ちょっとしたコスチュームプレイみたいなものです。
まあ、実際にウェアでプレイする人はいないと思いますが。

そんなスキー場での出会いなわけですが、
気をつけておくポイントというのもあるわけです。

一つは、スキー場というのは、
色々なところから人が集まってきているということ。

全国各地とまではいきませんが、
かなり広範囲から人が集まってきます。

ですから、出会った女性の住んでいるところが、
自分の住んでいるところとえらい離れたところで、
せっかく仲良くなれたとしても、帰省後に会うことは難しい
なんてことも珍しくはありません。

運良く近くに住んでいる子と出会えることもありますが、
場合によっては飛行機でいかなければ会えない距離に
住んでいる子であることだって当然あります。

ですから、ある程度その場限りという割り切りは必要ですね。

まあ、逆に言えば、普段なら決して出会えないような地域の子と
知り合って楽しめるチャンスでもありますので、
それはそれで楽しいと言えると思います。

自分と違う地域の人の方言とか、
結構萌えますからね。

そしてもう一つは、日帰り客も結構多いということです。

スキー場には当然日帰り客と宿泊客とがいます。
日帰り客の場合は、仲良くなったとしても、
そうそう長居はできないので、すぐにサヨナラすることになります。

住んでいるところが近くであるのなら、
また後日会いましょうってこともできるのですが、
遠いところに住んでいる子だとそれっきりになりますね。

当然夜のお楽しみなんてのもないわけです。

その辺の割り切りも必要でしょうね。

学生などの比較的時間のある子の場合は、
自分の方に泊まる宿があれば、
そこに連れ込んで一泊させることもできます。

実際、そういうケースも結構あって、
日帰り予定の子をゲットして、
そのまま自分の宿へ泊めるってこともあったりします。

その場合、自分で宿を確保しておく必要はありますね。

もしくは、宿泊客を狙うことです。

夜になれば日帰り客は帰り、残るのは宿泊客だけになります。
同じ宿の子、地元の飲み屋やアミューズメントスポットなどなど、
そういうところで宿泊客と出会うことができます。

そういうところで女の子をゲットすれば、
泊まりは確定なので、かなりオイシイ展開も期待することができます。

どちらにしろ、スキー場ナンパをするのなら、
自分は最低一泊の予定で行った方がいいかもしれません。

中には一週間くらい泊まりこんで、
スキー・スノボとナンパの両方を
じっくり楽しんでいる人もいたりします。

今年も既に山間部にはドカドカと雪が降っています。
雪不足に悩むことはなさそうですので、
今月中旬あたりからほとんどのスキー場がオープンすると思います。

是非スキー場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック