これからの冬の寒い季節は、やっぱりコレが活躍するんですよ

セフレの作り方

なんか最近一気に冷え込んできました。
冬の到来を感じさせますね。

色々なところでクリスマスイルミネーションも
始まっていますし、今年も残すところあと2ヶ月です。

こういう寒い季節になってくると、
お酒が美味しくなってきますね。

特に鍋を突きながらのお酒は
もう最高です!!

別にお酒ってのは冬ならではのものではなく、
夏なんかもビールが美味しかったりするわけですが、
なぜか寒くなると飲む機会が増える気がします。

やっぱり夏に比べて活動がインドアになってくるからですかね。
夏だと海だ外だとアウトドアな活動がしたくなりますが、
冬はどうしても寒いですから、
女性と遊ぶにしてもインドアになりがちです。

そうなると、どうしても「飲みにでも…」って感じの
流れになってしまうものです。

特にこれから年末にかけては、忘年会などもあり、
かなり飲みに行く機会も多くなると思います。

そうなってくると活躍するのが
アレですよねアレ。

こちらです。

そう、飲む機会が多くなるこれからの季節、
飲みに誘いやすくなるこれからの季節は、
これが本当に役に立ちます。

女性を落とす時、それこそベッドに持ち込む時って、
だいたいは飲みを間に挟みますよね。

飲み→ベッドインというのは、鉄板のパターンです。

全部が全部そうというわけではありませんが、
お酒からのベッドインという流れが
一番多いパターンだと思います。

でも、その流れをスムーズに作っていくにはどうすればいいか、
意外と知らないものだと思います。

もちろん強引に持っていくのではなく、
女性の合意の上で、しかも女性自身もその気にさせてです。

女性が乗り気じゃないのを押し切るよりも、
女性の方もノリノリでした方が
絶対スムーズですし楽しいですからね。

だけど、そうするためにはどうすればいいかと言われると、
ハッキリとどうすればいいかをわかっている人って
まずいないんじゃないかと思います。

そこでこれがホントに役に立つわけです。

お酒→ベッドインという流れを作るための
完全マニュアルと言っていいと思います。

女性を飲みに誘ったり、
またその飲みを楽しく過ごしたり盛り上げたりするのは、
そんなに難しいことではないと思います。

だけど、そこからベッドインとなると話は別です。
やっぱりただ飲むのと、そこからセックスをするのとでは、
一定の壁が存在するものです。

その壁をどう乗り越えるのか、
そこが問題なわけですよね。

飲みをセックスに繋げるためには、
性的な刺激であったりエッチなムードを作ったりと、
心理的にエロを生み出さなくてはならないわけです。

だけどそれも露骨にやろうとすれば、
当然下心があからさまにバレるわけですし、
警戒心や不快感に繋がってしまう危険だってあります。

そこをどう上手くやるのか、
そこがポイントなんです。

つまり、ただ楽しく飲むための飲みと、
最終的にセックスに繋げるための飲み方とでは、
まるで違う工夫が必要となってくるわけです。

そのためにはどんな工夫をすればいいのか、
飲みをセックスに繋げるための完全マニュアルがこれなんです。

この、飲み→ベッドインという流れを作る飲み方のマニュアルとしては、
これ以上のものはまずないでしょう。

個人的にも、やっぱり飲みにいってからエッチ
というパターンが一番多いのですが、
使っているのは、ほぼほぼこのノウハウからのやり方です。

ホントに使えるんでね、これは。

特に一人暮らしの子が相手の場合なんかは、
相手の家の近くで飲むようにすれば、
「このあとウチで飲み直します?」なんて言われることも
結構あります。

もう完全に女性からのお誘いですよね。

そうなれば、ほぼ100%ヤレます。

終電間近までいれば、
「始発までウチで時間潰します?」
なんて言われることも多いです。

それもこれも、飲みの中で女性の“気分”を作っちゃうからなんですね。

お酒の力も加わっているんで、
かなりエロへのスイッチも入りやすいです。

中には彼氏持ちの子もいますが、
お酒の力とサシ飲み流の心理的なエロへの誘惑に
理性の力で抵抗するには、
相当理性の力が強い子でないと無理だと思います。

もちろん一人暮らしの子でなくても
問題はありません。

要は一人暮らしかどうかではなく、
エッチしたい気分にさせるかどうかですからね。

基本的にお酒の席では、
このサシ飲みセックスアリジゴクのやり方を
思い出すようにして使っています。

これが一番効果がありますからね。

これからの季節は飲みの機会は多くなると思います。
また季節柄、飲みに誘いのもやりやすくなると思います。

その時のために、これは知っておいた方がいいと思いますよ。

まぁ飲みは別に冬の専売特許でもありませんし、
一年中飲みのチャンスというのはありますからね。

それに女性を落とす時って、
やっぱり飲みを絡めることが多いです。

本気で付き合うとかならまだしも、
エッチすることが目的であるなら、
飲みを使わない手はありませんからね。

ですから、男ならこれを知っておいて損はないはずです。

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック