大人の男なのにセックスが下手って最悪

セフレの作り方

大人になってある程度経験を積めば、
誰でもセックスが上達すると思いがちです。

普通は、何事もそれなりに経験を積めば、
それなりには上達するものですからね。

でも、現実を見る限り、
セックスに関してはそうでもないようです。

いくつになっても、どれだけ経験を積んでも、
下手な人は下手なままだったりします。

女性に聞くと、
大人だからといって上手いとは限らないそうです。

もちろん若い男性に比べれば、
相対的に上手い人は多いみたいですけど、
それでも年齢とテクニックは必ずしも比例しないようです。

セックスの場合、結局は
自分がどれだけ努力したか、
自分がどれだけ研究したかなんです。

セックスというのは、
誰かに教わって覚えるものではありませんし、
生きていくのに上達しなければならないものでもありません。

そこまで真剣に学ばなくても、
生きていくには支障はないわけです。

だから大抵の男性は、
そこまでセックスについて真剣に考えていません。

学ぼうとも思っていないし、
研究しようとも思っていません。

上達しようと真剣に考えている人は、
ほとんどいないのです。

だからみんな、
「セックスが上手いと思い込んでいるセックスが下手な男」
になってしまっているんです。

特に自信を持っている人は厄介です。

なまじ自信があるだけに、
自分のセックスに疑問すら抱きません。

自分のセックスは気持ちいいんだと思い込んでいるので、
女性がどう感じようか関係なく、
自分のセックスをゴリ押ししてきます。

そりゃそうですよね。

だって、自分は「セックスが上手い」と思い込んでいますし、
「自分のセックスで女は感じている」と思い込んでいるわけですから、
自信を持って技を繰り出してきます。

どこかで見聞きした、気持ちいいと思い込んでいる技を
これでもかと繰り出してきます。

典型的なのが、AVなんかでもよく見られる
ガチャガチャと激しく動かす手マンですね。

潮を吹かせようとパワープレーを仕掛けてきます。

もう自分では「これが気持ちいいんだ」と思い込んでいるので、
手のつけようがありません。

でも、全然気持ちよくないセックスをされる女性は
たまったもんじゃありません。

正直、あの手マンが嫌いって女性
結構多いんですよね。

女性だって、それなりの年齢の男性が相手だと
やっぱりセックスに期待してしまうものです。

年輪のあるテクニックを期待してしまうわけです。

しかし、必ずしも年齢とテクニックが比例するわけではありません。
中には歳の割には幼稚なセックスをする人もたくさんいます。

そうなると、期待値の分だけ
ガッカリ度は半端ないわけです。

やっぱり年齢とともに、
それなりのセックスはできるようにしておくべきですよね。

10代ならまだしも大人の男であるならば、
これくらいのテクニックは持っておいて欲しいところです。

AV女優北条麻妃が教える膣開発法

特に膣で感じさせるというのは
まさに大人のセックスです。

クリトリスでイカセるなんてことは、
それこそ10代の男だってできることです。

膣という鈍感でありながら、
深い快感を得られる性感帯で、
極上のオーガズムを与えてこそ大人のセックスです。

大人の男性に求めているのは、
そういう深い絶頂を与えてくれるようなセックスなんです。

でも膣イキやナカイキなんてものは、
ただセックスの回数を積み重ねていけば
できるようになるものでもありません。

それこそ熟練した年上女性や
膣開発された経験のある女性とのセックスを
積み重ねて行かないとわからないものです。

女性の方が教えてくれればいいのですが、
さすがに一般の女性で教えてくれる人はいませんからね。

しかし今はインターネットのお陰で、
学ぶことができるわけです。

いい時代になったものです。

それも男性が学ぼうと思わなければ
意味がないわけですが。

せっかくこういう教材があるわけですから、
是非学んでおいてください。

学べば確実に力になるわけですから。

いつまでも幼稚なセックスでは
大人の男としては失格ですからね。

AV女優北条麻妃が教える膣開発法の詳細はこちらをクリック

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック