女の子の性欲のスイッチを入れるには?

セフレの作り方

女の子をセックスに持ち込むためには、
どこかの時点で女の子の性欲のスイッチ
入れる必要があります。

それはどんな女の子が相手でもそうですよね。

リアルの知り合いが相手でもそうですし、
ナンパや合コンでゲットした女の子でもそうですし、
出会い系で知り合った子でもそうです。

普通のコミュニケーションの延長では
いつまでもセックスする流れになりません。

どこかでギアをチェンジして性欲のスイッチを入れる必要があるわけです。

彼女相手だってそうですよね。
いくら彼女が相手だといっても、
いきなりセックスモードに入るわけではありません。

食事をしている時にいきなりセックスを始めたり、
一緒にテレビを見ている時にいきなりセックスを始めたりはしません。

いきなりおっぱじめたら、いくら彼女であっても
「ちょ、ちょっと待ってよ!」ってことになりますしね。

セックスをするためには、
どこかでギアチェンジをして性欲のスイッチをオンにする必要があるんです。

ただ、相手が彼女であれば、
性欲のスイッチを入れるのは簡単です。

例えばテレビを一緒に見ている時にボディタッチをするだけで
簡単にスイッチを入れることができますし、
それこそ「エッチしない?」の一言でスイッチを入れることだってできます。

付き合っている者同士ですからね。
わざわざ手の込んだ仕掛けをする必要はないんです。

でも、それが付き合っているわけでもない女の子が相手の場合は、
そうはいきません。

何しろ「セックスをするのが当たり前な関係」ではないんですから、
その「当たり前ではない関係」を崩すためには、
強力なフックというものが必要なんです。

フックというのは、引っ掛かりですね。
(ボクシングのフックじゃないですよ)

そのフックが、
時にはお酒であったり、
時には夜景であったり、
時には会話の中での仕掛けであったりするわけです。

どういうものがフックになるか、
どういうフックを使うかは、
その時の人やシチュエーションによっても変わります。

何れにしろ、「当たり前でない関係」を
一時的にでも飛び越えるためには、
何かしらのフックは絶対に必要になってくるんです。

男としては、このフックをどうやって作るかが
一番の悩みどころであり思案のしどころであり、
一番知りたいところでもあるわけです。

強力なフックになるノウハウとして、
非常に人気の高いノウハウがありました。

まー売れに売れたノウハウでした。

売れただけではなく、ノウハウ自体の評価も非常に高かったんですよね。

このノウハウ、今でも売れ続けているのですが、
なぜ過去形なのか?

その理由は、そのノウハウがついに販売終了してしまうからなんです。

非常に人気のあったノウハウ、
「たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法」
2012年9月5日(水)に、ついに販売終了となるようです。

元々、販売数限定の限定販売だったのですが、
本当に限定数に達してしまったみたいです。

普通は限定販売といっても、そうそう限定数に達するものではないんです。
限定数に達するまで時間がかかったり、そもそも限定数に届かないことだってあります。

しかしこのノウハウに関しては違いましたね。

本当に限定数をオーバーしちゃったんです。
期間も数ヶ月程度だったんじゃないでしょうか。

それくらい売れに売れたわけです。

二つの質問を使って、女の子の性欲のスイッチを入れる。
非常に便利だし、需要のあるテーマですからね。

普通の会話の中で使うことができるわけですから、
女の子を何とかしたいと思っている男にとっては、
願ったり叶ったりのノウハウです。

特に実録音声が付いているのも高い人気の理由の一つですね。

出会いからベッドインするまでの実際の音声が聞けますので、
セックスまでの流れを知るにはこれほど良いものはありません。

この「流れ」ってかなり重要ですからね。

流れを無視して女の子をセックスに持ち込むのは無理です。
流れの中でいかにしてフックを作るかが大事なわけです。

その「フック」と「流れ」の組み合わせ。
それを実録の形で聞くことができるのは大きいですし、
そりゃ男なら飛びつきます。

実際、評判もかなりいいですしね。

そのノウハウがついに販売終了になってしまうわけです。

現時点では再販売とかの予定は考えていないみたいなので、
これがラストチャンスと思っていた方がいいかもしれません。

このサイトでも興味を持っていた人はたくさんいます。

後から後悔しないように、チャンスは逃さないようにしてください。

「たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法」はこちらから

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック