「誘う」のが下手な男が知っておくべきこと

セフレの作り方

女の子に話を聞いていると、
よくこのような意見を耳にします。

「誘うのが下手だと萎える」

「誘う」とは、もちろんセックスのこと。

つまり、セックスへの誘い方が下手だと、
エッチする気がなくなってしまうというわけです。

ちなみに「誘う」と言っても、さすがにセックスへ

直球で誘うわけではありませんよね。

そんな露骨な誘い方は、さすがにしないと思います。

そもそもセックスするためには、

その場でやりましょう、というわけにはいきません。
セックスができる場所へ誘うことが必要です。

そう。つまり「誘う」というのは、

「ホテル(もしくは自宅)へ誘う」ことなんです。

この「ホテルへの誘い方」が下手だと、
エッチする気が萎えてしまうという声を
女性からはよく聞きます。

そして、そういう男性が実に多いと。

確かにホテルへ誘うというのは、

セックスへの流れの最後のポイントです。

そこまで何とかセックスするような流れを作って、

最後にホテルへ誘うことでセックスへの流れが完成するわけです。

その最後で躓いてしまっては、

そりゃ萎えるのも無理がありませんよね。

まさに納得の意見です。

女の子からすると、男がホテルに誘いたがってるのって、

結構分かるものだと言います。

ホテルへ誘いたい空気を発しているのがわかったり、

ホテルへ誘うタイミングを図っていたり、
どうやってホテルへ誘おうか思案していたり、
そういうのってすぐにわかるものなんです。

で、ホテルへの誘い方が下手な男になると、

ホテルへ誘う時になったらモジモジしだしたり、
ホテルへ誘うタイミングを掴みかねていたり、
断られたらどうしようとビクビクしていたりするわけです。

そうなると「なんだかなぁ・・・」という気持ちになって、

ホテルへ行く気も失せてしまうんです。

それで、こうしたホテルへの誘い方が下手な人というのは、

当然ながら経験が少ない人です。

何の経験が少ないかというと、
行きずりのセックスの経験が少ない人です。

つまり、彼女意外とのセックスの経験が少ない人は、

ホテルへの誘い方も比較的下手な人が多いのです。

彼女が相手であれば、ホテルへの誘い方に工夫はいりませんよね。

セックスするのが当たり前な関係なのですから、
ホテルへ誘うのにわざわざ手を加える必要はありません。

ただ普通に「ホテル行こうよ」で全然OKなんです。

だから、どんなに女性経験が多い人でも、

彼女という関係の人意外との経験が少ない人は、
ホテルへの誘い方が下手だったりします。

じゃあそういう男は何が不足しているのかというと、

ホテルへ誘う時の公式を持っていないからなんです。

ホテルへ誘う時の公式というのは、

「ホテルへ誘う時はこうやってホテルへ誘うんだ」という
自分なりのパターンです。

それがある人というのは、

いざホテルへ誘う時になっても慌てず焦らず、
女性をホテルへ誘うことができるのです。

だって、どうやってホテルへ誘うのか、

もう既に自分の中でやり方が確率されているので、
自信を持って堂々と誘うことができます。

そういう男に誘われると、

女性の方も思わずホテルへ付いて行ってしまう流れが
できてしまうわけです。

しかし、自分の中でホテルへ誘う時の公式がないと、

いざという時に右往左往してしまって、
結果的にグダグダになってしまうんです。

それでは女性だって、さすがにホテルへ行こうとは思いませんよね。

こうした公式を一つでも持っている男は、

やっぱり強いです。

ホテルへ誘う時の成功率も高いです。

普通はそうした公式というのは、経験の中で学ぶものです。

でも、彼女としているだけでは学ぶことはできません。
だって、ホテルへ誘うっていうプロセスが必要ないんですから。

ですから、こうしたやり方を一つ覚えておくだけで、

ホテルへの誘い方が全然変わってくるんです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
失敗のないラブホテル誘導法

やはり女性とセックスするためには、

「ホテルへ誘う」というプロセスは、絶対に避けて通れません。

最後の最後で失敗しないように、

知っておいた方がいいと思います。

失敗のないラブホテル誘導法はこちらです

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック