お酒を飲ませると簡単にエッチできる脳科学的な理由とは?

セフレの作り方

お酒って女性を口説く時、
落としたい女性がいる時って、
必ず使いません?

ぶっちゃけエッチしたい女性がいる時って、

酒でも飲みに行って、お酒の勢いで
そのままエッチできたらなーとか思いますよね。

実際にところ、シラフであれこれ策をめぐらすよりも

お酒を飲ませちゃった方が、全然簡単にエッチできます。

お酒を飲むとエッチしたくなるのは、

男も女も変わらないわけですね。

お酒の効果は、別に経験則だけて言われているわけではなく、
脳科学的にも言われているようですね。

ちょっと古い記事ですけど、こんなのがありました。

脳科学的にも「酔うと一夜限りの恋をする」ことが判明!

簡単に説明すると…

人間の脳には、理性をつかさどる大脳新皮質というものがあります。

お酒はその大脳新皮質の働きを鈍くする力があるのです。

その結果どうなるかというと、

脳のもう一つの部分、大脳辺緑系という本能をつかさどる部分が、
暴走を始めるわけです。

つまり、お酒は、理性の働きを抑え、本能の暴走を後押ししてくれるので、
その結果、理性ではいけないと思っている過ちを犯し気味になるのです。

そしてもうひとつ。

アルコールは人を気持ちよくする成分、

エンドルフィンを分泌する力を持っています。

このエンドルフィンは、恋愛した時にも出るものです。

つまり、アルコールが入ると、エンドルフィンが分泌するために、

恋愛に似た感情が生じてしまうわけです。

どうでもいいと思っている相手に対しても、
この恋愛に似た感情を抱いたしまうため、
どうでもいいと思っていた相手ともエッチしてしまうこともあるのです。

お酒が入ると好きでもない人ともエッチしてしまう、

いわゆる過ちってやつを犯しがちだと言われていますが、
脳科学的に見てもそれは合理的な理由があるわけです。

お酒の力っていうのは、ただの言い伝えってわけではないねすね。

ですから、お酒を使うことで、

お気に入りの女性とエッチする可能性は、
大きく広がります。

ただこれだけだと、

あくまでも可能性が広がるだけなんですよね。

チャンスは確実に広がります、

しかもかなり広がるのですが、
ただお酒を飲んだだけでは決定打にかけるわけです。

お酒を飲んだ上でさらにひと押し必要なんです。

で、まさにそのひと押しとなるのが、

サシ飲みセックスアリジゴクですね。

お酒が入った時にひと押しができれば、

確実に近いくらいにエッチに持ち込むことができます。

ただ、これを知らない人って、ホント多いです。

チャンスはどんなに広がっても、

チャンスはチャンスのままなので、
そこで確実にものにするには一打が必要なわけです。

一打を打って、確実にエッチに持ち込む方法を知っている人にとっては、

まさにボーナスステージなんです。

お酒というのは、どんな女の子にも使えるので、

非常においしい手段です。

だからこそ、これを知っていないと、

確実に損をしてしまうわけです。

サシ飲みセックスアリジゴクはこちらから

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック