心理テストや占いの卑怯な使い方

セフレの作り方

心理テストや占いって、
めちゃくちゃ女の子の食いつきいいです。

心理テストや占いが嫌いな子って、

ほとんどいないんじゃないかというくらい、
みんな興味津々で食いついてきます。

食いつくだけではなく、

ほとんどが話に乗ってきくれます。

心理テストの問題を出せば、

ほぼ全員が答えてくれますし、
占いを出せば、これまたほぼ全員が
自分もやってくれと言ってきます。

嫌だって言う子、まずいないですね。

だから、女の子を落とす時には、
心理テストや占いをすごい活用しています。

そのために、ネタも結構仕入れていますね。

安い本買えば腐るほど載っていますし、
ネットからでもタダで仕入れられますしね。

内容を全部はさすがに覚えられないので、

携帯なんかに入れておいてあります。

心理テストや占いなら、エッチな話しにも
簡単に女性を参加させることができます。

出題する前に「エッチなことがわかるテスト」なんて言うと、

嫌がったり恥ずかしがったりする子もいるのですが、
基本的に心理テストや占いの場合、
内容を言わずに先に質問に答えてもらうので、
知らず知らずにエッチな話題に参加させることができるんです。

それにエッチなネタだとわかっても、

心理テストや占いだとそこまでイヤラシイ感じがしないので、
女の子も抵抗感なく参加できるんですよね。

だから非常に使えるわけです。

特に大勢で使うよりも、1対1で使った方が
効果は大きいですね。

大勢でいる時に使っても盛り上がるネタとしてはいいのですけど、

いかんせん笑いやネタ扱いで終わってしまうんで、
なかなかエッチな雰囲気になりきれなかったりします。

まあそれもやり方使い方によりますが。

そんな感じで、心理テストや占いというのは、

道具としてかなり使えます。

普通に使っても効果は大きいです。

が、たまにちょっと卑怯な使い方をしたりもします。

心理テストや占いの卑怯な使い方

心理テストや占いは、それだけでも非常に効果的で
役に立つ使えるネタなのですが、
違う使い方をすると、また違った効果があります。

ある意味、女性からするとちょっと卑怯な使い方です。

それは嘘の心理テスト・占いです。

心理テストや占いというのは、

普通は選んだ回答に対して根拠のある診断結果があるものですよね。

でもこの嘘の心理テストや占いは、

回答に対する診断結果をあなたが考えるのです。
ま、あなたが勝手に考えた診断結果ですので、捏造です。

では、まずどういう診断結果を捏造すればいいのか?

それは、あなたが女性になって欲しい姿や心理、
それを診断結果として返してあげるのです。

ここでは女性にエッチな気持ちになってもらったりしたいわけですから、

女性に対して「あなたはエッチが好きなタイプです」とか
「あなたは淡白に見えて性欲が強いタイプです」といった結果を返すんです。

もちろんそれっぽい内容は自分で考えなければなりませんよ。

なんでこんなことをするのかというと、

女性は心理テストや占いの結果を素直に受け止める傾向にあります。

そう言われると、自分でもそうかもしれないと思い始めるのです。

「エッチが好きなタイプ」と言われると、

自分でも「私ってホントはエッチ好きな女なのかもしれない」
と思ってしまうんです。

例え普段自分ではそう思っていなかったり、本当は違うとしても、

心理テストや占いの結果でそう出たと言われると、
自分でそう思い込み始めるんです。

実は人間というのは自分で自分のことを

わかっているようでわかっていないものです。
普段自分はこういう人間だと思っていても、
人から違うことを指摘されるとそれも正解かも
と思ってしまうのです。

特に心理テストや占いというのは、
深層心理や本当の自分の姿を暴き出すイメージがあります。

ですから、自分が普段認識していることと違う結果を言われても、
むしろ心理テストや占いの方を信じてしまいがちなんです。

自分でも気づいていなかった本当の自分を

心理テストや占いに暴かれたって気持ちになるんですね。

特にこの傾向は女性に強いです。

だから女性をエッチモードに入れたければ、

エッチモードに入りやすいような診断結果を
女性の本当の姿として返してあげればいいんです。

そうすると自分でもそれが本当の姿だと思って、

エッチな自分というのを素直に受け入れ始めます。

こうなれば後は簡単ですよね。

あなたの言葉を心理テストや占いの形を借りて、
素直に受け止めさせることができるわけですから、
簡単に女性の心理をコントロールできるようになるのです。

例えば、「あなたは今、やや欲求不満な状態にあります」とかね。

ただ、こういうテクニックは、

計画的によく考えて使っていく必要があります。
やっつけでやると、バレたり怪しまれたりする危険性もありますので。

それに乱発もよくないですね。

心理テストや占いの結果が全部エロ認定の結果ばかりだったら、
誰だって「それホントかよ?」と疑いたくなりますし、
あなたの狙いを深読みするようになりますしね。

そしてもうひとつ。

こういうテクニックを使うにしても、
二つの質問←こちらのような決定打を出せる武器を
持っていないと意味がありません。

女性をセックスに持ち込む決定的な武器を持っていて、

初めて嘘心理テスト・占いのような小技が効いてくるのです。

逆に一緒に使えば、威力は倍以上になります。

小技というのはあくまでも小技なわけで、

それ単体で使っても意味がありません。

二つの質問のような、女性をセックスに持っていくための

決定打になるようなテクニックを持っていないと、
ただ気分を盛り上げるだけで終わってしまいます。

だから最後にガシっと決める武器を持っている必要があるのです。

嘘の心理テスト・占いのテクニックと

二つの質問のテクニックを合わせて使えば、
かなり決定的な武器になるでしょう。

つまり、こちらは必須ということです。

たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック