自然な流れでセックスのきっかけを作る巧妙な方法

セフレの作り方

女性とセックスするきっかけ作り、
そのために使える「信頼感」と「性欲の喚起」。

信頼感を作って、その後性欲に刺激を与えて、

「エッチしたい!」という気持ちを作っていく。

ある意味、これは女性とセックスする時の法則

とも言える流れです。
特に相手が彼女でもない女性の場合はね。

詳しことは、過去の3つの記事を読んでください。

女の子とセックスするきっかけ作り
「信頼感」を作る自己開示
性欲を喚起する

で、この「信頼感を作る」と「性欲を喚起する」

この二つをどうやって行うかが重要なのですが、

これを簡単に行う方法があるんです。

使うのは「質問」です。

会話の中で使う「質問」、

これはとりわけ相手から情報を引き出したり、
相手の感情を揺さぶったりするのに非常に効果があります。

会話でなかなか女性を口説けな人は、

この質問を効果的に使っていなかったりします。

会話で口説くというと、

どうしても女性の目がハートになる口説き文句や
女性がコロッと落ちてしまうようなトークスキルを想像すると思います。

だから、大抵は自分が喋って女性を何とか落とそうとします。

でも、実はそんなことをしなくても、
質問を上手く使うことで女性を落とすことができるわけです。

質問というのは、女性に発言を促すわけですよね。

女性に言葉を吐き出させることです。

それはすなわち自己開示させることにも繋がりますし、

また女性が自分で発した言葉に対して想像力を働かし、
妄想を掻き立てる行為でもあります。

また、質問に答えるためには、

当然ですが色々と考え、想像力を使いますよね。

そこでもまた妄想のスイッチが入るわけです。

ですから、質問を上手く使うことで、

男が喋らずとも女性をセックスへのレールに
乗せることができるのです。

そこで大事なのが、どういう質問をするかですよね?

「信頼感」と「性欲の喚起」
この二つを簡単に的確に作り出すことができる質問があります。

それがこちらです。

ある二つの質問

この二つの質問をすることで、

信頼感を作り、性欲を刺激し、「エッチしたい!」と思う
状態にまで女性を持っていくことができます。

まさに女性とセックスするきっかけ作りには、

最適な質問なんです。

一つ目の質問で、自己開示を自然に行わせることで、

信頼感を作り出すことができます。

そして、二つ目の質問で、女性の妄想を掻き立てて、

性欲を刺激することができます。

基本的に普通の会話の中で使いやすいものですので、

何か下心を疑われたり怪しまれたりすることはないでしょう。

自然の流れの中でセックスのきっかけを作っていくことができるのです。

歯の浮くような口説き文句を言ったり、

下ネタで強引にエッチムードを作ろうとするよりも、
質問を上手く使った方が何倍も簡単にセックスへのきっかけを作れます。

でも、ほとんどの男性が、

質問をただ単に自分が知りたい情報を
聞き出す手段としてしか使っていないんです。

感情を揺さぶる道具として質問を使っていないんですね。

でも実は質問は、女性の感情や心理を揺さぶる最強の道具なんです。

しかも基本的には質問をして、

後は相手が答えるだけでいいので、非常に楽です。

セックスをヤリたいヤリたいと盛っているのに、

なかなかできない人は、こういう簡単なことを知らないんです。

だから、四苦八苦してなんとかセックスに持ち込もうとして、

逆に地雷を踏んで失敗したりします。
セックスの餌がチラついた男は、急にバカになりますからね。

逆にセックスの法則を知っている人というのは、

簡単なことをして労せず女性とセックスを楽しんでいるものです。

そういう人にとっては、

セックスできないことが信じられないんですね。

実はセックスの裏は、簡単な法則でできていることを知っているから。

だから世の中には、ガンガン女とヤリまくっている男が

実際に存在するんです。

セックスのきっかけがなかなか掴めずに困っているなら、

この質問テクニックを使ってみるといいと思います。

意外とセックスのきっかけなんて簡単に作れるんだ、

ということを知ることができると思います。

セックスのきっかけ作りに使える二つの質問はこちらから

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック