たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法 レビュー評価

たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法

「女性とセックスするきっかけが作れない」
二つの質問で、簡単にセックスのきっかけを作れる方法
知りたいとは思いませんか?

女性とセックスするきっかけが掴めなくて困っていませんか?

たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法
「あの子とエッチがしたい!」「今日女性をお持ち帰りしてセックスしたい!」
そう思っても、なかなかセックスするきっかけを作れない。
そう思うことってありますよね?

何でもない男と女が、普通の状態からセックスするためには、

何かしらのきっかけというのは絶対に必要です。

何もきっかけがなくセックスできるのなら、

それはまさに突然メスに交尾を仕掛ける動物と同じです。

でも、このきっかけ作りがなかなか難敵だったりしますよね。

特に相手が女友達とか会社の同僚などのように、

普通ならセックスしない関係や一見無理目な相手だったり、
もしくは、出会い系で知り合ったばかりの子であったり、
合コンで連絡先を交換したばっかりの子のように、
まだまだ親しくもなれていない相手の場合、

なかなかきっかけが作れなかったりします。

きっかけさえ掴めれば、後は流れに任せた惰性でもセックスできます。

このきっかけ作りが、男にとっての大きなテーマなわけです。

では、セックスのきっかけはどうやって作るか?

基本的には、2ステップできっかけは作っていきます。

その2ステップとは、

「信頼感を作る」「性欲の喚起」です。

この2つのステップを踏むことができれば、

セックスへのきっかけはまず作ることができるでしょう。

セックスのきっかけ作りの鉄板パターン「信頼感→性欲の喚起」
これを確実に実現する強力なあることとは?

たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法
信頼感を作り、性欲を喚起する。
この流れは、セックスのきっかけの鉄板パターンです。

ある意味、男と女がセックスする時の法則と言ってもいいでしょう。

男と女がセックスする時というのは、ほとんどのがこの流れです。

逆に言えば、この流れを外してセックスすることはまず無理と言えるのです。

まず最初の信頼感

女性は信頼できない相手とは決してセックスしようとはしません。
何をするかわからない、相手のこともよく知らないような男と
セックスするなんて危険なことはまずしないのです。

警戒心や不信感が消えて、「この人なら自分に危害を加えるようなことはしないだろうな」

という安心や信頼を得ることができて、初めて女性はセックスできるのです。

そのため、女性との信頼感というのは、セックスにおいて必要不可欠なんです。

しかし、これだけではセックスするのに十分とは言えません。

信頼感だけでセックスできるのなら、世の男はヤリまくりなはずです。

そこで必要となるのが「性欲の喚起」です。

つまり、性欲を刺激して性欲に火をつけて、

「エッチしたい!」という気持ちを湧き上がらせる必要があるのです。

「エッチしたい」という気持ちが湧き上がりもしないのに

セックスするなんてことは、男だってあまりないでしょう。
男だってセックスしたくなる時は、何らかの性欲への刺激があった時です。

セックスするためには、性欲に対して刺激を与えて、

エッチしたい気持ちを何とか湧き上がらせる必要があります。

性欲に火をつけることができれば、

そこでセックスへのきっかけを作り出すことができるのです。

では、この「信頼感」と「性欲の喚起」。

この二つを作り出すにはどうすればいいのか?

そこで使えるのが会話における「質問」です。

質問は、女性の感情や心理を強く揺さぶる強力な力があります。

質問をすることで女性に考えさせ、言葉を発させることができます。

この考えさせる、言葉を発させるということが、

セックスのきっかけ作りのための強力な武器になります。

何も質問は、聞きたい情報を聞き出すためにあるわけではないのです。

そして「信頼感」と「性欲の喚起」

この二つを簡単に作り出せる二つの質問というのがあります。

それがこの「たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法」なんです。

一つ目の質問:自己開示によって信頼感を作る質問

信頼感を作り出すために、効果的な方法があります。
それが心理学でいう「自己開示」です。

自己開示というのは、相手の情報を引き出すこと。

簡単に言うと、秘密にしたいことや隠したいこと、人には言えないこと、
つまり秘密の内緒話を暴露することを言います。

自己開示をした方もされた方も、相手に対して信頼を抱くようになります。

自己開示をした方は、「誰にも言わなかった話をしちゃった」

「人には言えなかった話もすることができた」「秘密のことをこの人だけには知られちゃった」
という気持ちになって、相手に対して親しみや信頼を抱くのです。

「この人は私の秘密を知っている」という感情が、

相手のことを特別な存在と思わせるようになるのです。

一方、自己開示をされた方も、

「隠していたことを自分だけに話してくれた」「秘密を打ち明けてくれた」
という気持ちになり、相手のことを信頼するようになります。
また自分のことを特別扱いをしてくれたという気持ちから、
相手に対して好感を抱くようになります。

自己開示についてもっと知りたい人はこちらから

この一つ目の質問は、女性に自己開示をさせる質問です。

女性にこの質問をすることによって、

自然に自己開示をさせることができて、
女性に信頼感を持ってもらえるようになるのです。

初対面の女性やまだ親しくない女性に、

セックスしてもいいと思わせるくらいの信頼感を持ってもらうことは、
なかなか骨の折れることです。

しかし、自己開示は、それを一瞬のうちに作り出すくらい

強力な力があります。

それをたった一つの質問だけで実現してしまうくらい

考えぬかれた質問になっているのです。

二つ目の質問:妄想を掻き立て性欲を喚起する

二つ目の質問は、性欲を喚起する、
性欲に刺激を与えて、「エッチしたい」という気持ちを
湧き上がらせるための質問です。

女性の性欲のスイッチを入れるわけですね。

女性の性欲のスイッチを入れるために効果的なのは、

女性の妄想力を利用することです。

女性というのは、男以上に強い妄想力を持っています。

男が考えつかないところで妄想を発揮して、
勝手に性欲のスイッチが入っていることも珍しくはありません。

女性の性欲を掻き立て「エッチしたい」という気持ちを湧き上がらせるには、

この女性の妄想力を利用することが一番効果的なのです。

性欲の喚起と女性の妄想力についてもっと知りたい人はこちらから

この二つ目の質問は、
女性の妄想を掻き立てて性欲を喚起するための質問です。

一つ目の質問で信頼感を作った後に、

この二つ目の質問で妄想を掻き立て、性欲のスイッチを入れることで、
女性の「エッチしたい」という気持ちを湧き上がらせることができます。

ここまでいくと、もうセックスへのレールに乗ったのと同じです。

女性は直接的な表現よりも、妄想によって性欲が沸き起こります。

質問によって妄想を刺激することで、女性の性欲に火をつけることができるのです。

この二つの質問を組み合わせることで、

セックスのきっかけを作り出すことができます。

リアルな実録音声は絶対に聞いてください
セックスのきっかけ作りの確実性が確実に高くなります

たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法
二つの質問によって信頼感と性欲の喚起という、
セックスへの鉄板パターンを作り出すことができます。

それによってセックスへのきっかけが作り出せるようになるのです。

セックスのきっかけが掴めない人でも、

これで強力な武器を手にすることができます。

今まできっかけがなくてみすみすセックスのチャンスを逃していた人も、

これで狙った子とお望み通りにセックスできる可能性が高くなるでしょう。

しかし、ここで一つ注意することがあります。

「たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法」には、

実録音声付きのものと実録音声なしのものがあります。

ここでは「実録音声付き」のものを選んでください。

というのも、確かにこの二つの質問は強力です。

この質問だけでもセックスへかなり近づけると思います。

しかし、ある程度の人生経験があるあなたならお分かりだと思いますが、

会話、その中でも質問というのは、ただ質問の受け答えをするだけで
全てが完結するわけではありませんよね。

質問をする時の前後の流れ、話し方のトーン、

質問の答えに対するレスポンス、そこからの会話の広がり、
そうした質問を取り巻く周囲全般も大事になってきます。

質問をきっかけとしてどうやってさらに盛り上げていくか、

そこが最終的にセックスへの決め手になってくるのです。

その質問プラスセックスへの追い込み、
実録音声を聞くことでそれがわかるようになっています。

実録音声では、実際にこの二つの質問を使ってホテルまで連れ込む様子を収録しています。

実際に使われている現場の音声を聞くことによって、質問の内容だけではなく、
それをどうやって使い、そこからどういう流れでセックスまで持っていくのかがわかります。

この二つの質問を投げかけるだけでも確かに効果はあります。

でも、やはりコミュニケーションというのは、その空気感であったり、
話題の広がりや全体的な流れというのも大事ですよね。

そういったものを感じ取ることができて、

実際に女性に対してどうやって使うかを理解することで、
狙った女性とのセックスを確実なものにしていくことができるのです。

実録音声があるのとないのとでは、
その確率が大きく変わってくるのは間違いないでしょう。

迷わず実録音声付きの方を選ぶことをオススメします。

セックスのきっかけ作りなんて本当は簡単なんです

たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法

「二つの質問をするだけでホントにセックスのきっかけが作れるのかよ?」

そんな風に思うかも知れません。

それも無理のないことだと思います。

セックスとは愛しあったものだけに許されるもの。

気軽にスポーツ感覚で楽しむものではない、もっと尊いものだとされています。
そのために愛情を手間暇かけて一所懸命育てていくものだと。

でも、実際は、セックスのきっかけなんてものは簡単に作れるんです。

それが公にならないのは、やっぱりモラルの問題があるからなんですね。

そんな簡単なやり方が広がってしまったら、モラルが崩れてしまいますから。

セックスのきっかけを掴もうとして、四苦八苦している人もいると思います。

何とかエッチな雰囲気を作ろうとして、探り探りエッチな話を振ってみたり、
女性のエッチな気持ちに火をつけようと小出しに下ネタに誘導してみたり。

でも、そういうのって勇気入りますよね?

下心を悟られないかなとか、こちらの狙いがバレないかなとか、
ヤリたいことがバレバレで嫌われないかなとか。

それだったら自然の会話の流れで、
セックスのきっかけを作っていったらいいのではないでしょうか?

それなら怪しまれずに嫌われる危険もなく、

セックスのきっかけが作れますよね。

それができるのが「たった2つの質問で美女とセックスできる心理誘導法」なのです。

セックスに至るまでの裏の仕掛けというのは、

実はシンプルで簡単です。

だから、世の中には彼女でもない女性とガンガンヤリまくっている

いわゆるヤリチンという男がいるわけです。

セックスが難しいものだったらヤリまくれる男なんていません。

本当は簡単だから、それだけヤリまくれるわけです。

エッチしたい子がいるけど、セックスのきっかけが掴めない。

そういう人は、この二つの質問を試してみたほうがいいと思います。

このテクニックを使えるようになると、

あなたのセックスへの持ち込み方が大きく変わるでしょう。

2012年9月5日に販売終了になります

元々販売数量限定の教材だったのですが、
ついに限定数に達してしまったので販売終了となるようです。

2012年9月5日(水)に販売終了となります

二つの質問を使って、女性の性欲にスイッチを入れる方法。
セックスへのきっかけ作りとしても、セックスへの最後のひと押しとしても使えますよね。

非常に人気のあったノウハウで、販売以来、本当に売れ続けていました。
それがついに手に入らなくなってしまいます。

実録音声付き版では、出会いからベッドインまでの流れを
全て音声で公開しているのですが、それももちろんこれが最後です。

この二つの質問の特徴は、応用が効くことです。
応用の幅が広い質問なので、ガチガチなパターンなパターンにはめなくても、
自分なりにアレンジすることで色々な状況で使えるんですね。

こうしたフックとなるものを持っていることは、
女性を落とすためには非常に大きい武器になります。
持っていると持っていないでは全然違います。

女性の性欲にスイッチを入れるっていうのは、何かしらのフックが必要です。
そして、そのための武器として、この二つの質問はかなり強力に働きます。

もし女性にスイッチを入れる手段を身に付けたいと思うなら、
このラストチャンスを逃さないようにしてください。

詳細はこちらをクリック