女性はセックスするための言い訳を求めているんです

セフレの作り方

付き合ってもいない女の子をエッチするために、
お酒はかなり強力な武器になる、
という話を前回はしました。

アルコールの力を上手く使うことができれば、

女の子をエッチに持ち込むなんていうのは、
そう難しいことではないわけです。

もちろんお酒の使い方、エッチへの誘導の仕方は、

工夫しなければなりませんけどね。

でもシラフの女性を相手にするよりも

何倍も何十倍も楽にエッチへ誘導することができるわけです。

このお酒なんですが、

アルコールで酔わせることによる効果以外にも、
大きな効果があるんです。

それは、

言い訳を作ってあげる事ができる。

これが重要なんです。

非常に重要なんです。

女性というのは、セックスをするのに理由が必要なんです。

彼氏が相手だったら、特に理由は必要ありません。

「彼氏だから」というのが、確固たる理由になりますから。

しかし、彼氏でもない男性とセックスするとなると、

それなりにセックスをするだけの理由が必要なんです。

この場合の理由というのは、言い訳に置き換えられます。

彼氏でもない男性とセックスするというのは良くないことだ、

という価値観がどんな女性にもあります。

ですから、通常であれば、その価値観が邪魔して、

ブレーキとなってしまうんです。

そのブレーキを外して、行動に一歩踏み出させるためには、

理由=言い訳が必要になってくるんです。

もし、お酒を飲んで酔った勢いでエッチしたのなら、

「お酒が入っていたから」という言い訳ができます。

この言い訳が、女性の行動を後押しするんですね。

この言い訳というのは、他人に対しての言い訳でもあり、

自分に対しての言い訳でもあるんです。

「お酒が入っていて判断が鈍っていたから仕方ないよね」

という言い訳が、他人に対しても自分に対しても有効に働くんですね。

やっぱり頭のどこかで良くないことと思っていることをする時は、

「自分は悪くない」という言い訳が欲しいと思ってしまうのが人間です。

お酒というのは、その言い訳には最も都合のいい存在なんです。

だから、お酒の勢いでエッチしてしまうことが多いんですね。

この言い訳は、行動する時の後押しになると共に、

してしまった後の自分に対する慰めにもなります。

基本的に女性は、こうした理由や言い訳を

男性以上に欲しがる傾向にあります。

その言い訳を最も手軽に用意できるのがお酒なんです。

もちろん、前回同様、だからといってお酒さえあればOK、

というわけにはいきません。

ちゃんと言い訳として使えるんだよ、という方向に持っていく、

仕掛けが必要になってきます。

まぁそういったセックスへの誘導の仕方は、

サシ飲みセックスアリジゴクを読んでいる人は問題ないと思います。

お酒に関しては、あれで全部足りてますからね。

付き合っているわけでもない女性とセックスするためには、

理由というのは必要になってきますが、
別にそれがお酒でなければならないわけではありません。

でも、お酒が一番手っ取り早く用意できる理由なんですね。

つまり、お酒最強!ってわけなんです。

で、飲みにさえ誘えればセックスできるわけですから、

お酒を使ってセックスに持ち込んでいく方法は
知っておいた方が絶対お得だと思うんです。

ランキングエッチテクのランキングはこちらをクリック